ギックリ腰ですが、来るときはいきなりですから怖いです

もしなってしまったら
早めに治療したほうがいいです
早ければ早いほど治りやすいです

3、4日放っておくだけで、慢性の腰痛になってしまう事もあります

ぎっくり腰は例えるなら、腰に不発弾があって
いつ爆発するかわからない、そういう状況です

その状況自体がストレスになります

ストレスは腰痛の敵ですから、悪循環です

急性のぎっくり腰を東洋医学で分析すると

  • 風邪が治りきらなくて、寒邪が腰に入った
  • ストレスが原因で身体が弱って邪気が入りやすくなった

などが東洋医学的には考えられますが

いきなり始まる激痛は邪気が原因の事が多いです

邪気は気ですので、はり治療で動かすことができます
気に関する病は、早期に適切な治療をすれば治ります

病の場所が気から血に移ると慢性病
治りが遅くなります

今「10」の腰痛があっても、急性の腰痛なら
2,3回の治療で「3~5」ぐらいは取れるでしょう

ぎっくり腰に見えても
もうすでに慢性の腰痛になっている時には
それなりの治療回数が必要になるかもしれません

ギックリ腰になってしまった時の疑問、あれこれ

  1. ギックリ腰に湿布はよくない??
  2. ギックリ腰はクセになる??
  3. ギックリ腰を予防するには??
  4. ギックリ腰の保険治療について

よくあるご質問として
4つ、書かせていただきました

ぎっくり腰に湿布はよくない??

湿布には温湿布と冷湿布があります

冷湿布を貼ってよいのは負傷後24時間以内です

それを過ぎて冷湿布を貼ると
冷えて治りが遅くなりますので
気をつけましょう

温湿布ですが、湿布についている
消炎鎮痛剤に効果があります

温湿布の温める力では治療は難しいかもしれません

ギックリ腰はクセになる??

ギックリ腰がクセになっているときは
その場しのぎで痛みをやり過ごしていることが多いです

根本治療でなく鎮痛剤などでその場の痛みをごまかしただけでは
半年後、1年後に危ないかもしれません

再発防止のため、腰が悪くなった原因を考えましょう

ギックリ腰を予防するには??

原因別に予防法が違います

東洋医学では腰痛の原因として

  • 腰全体から来るもの
  • 腰の深部の硬い部分から来るもの
  • 背中から来るもの

に分けられます

腰全体から来るものは腎臓

腰全体から来るものには腎臓の影響があります

「精力」を使い過ぎたことが原因です
東洋医学で精とは「体力の貯金」のようなものです

腰全体から来る腰痛の症状は
曲げて痛いことが多いです

腰の深部の硬い部分から来るものは肝臓

腰の深部の硬い部分から来るものは肝臓の影響です

これが一番多いかもしれません

肝臓の影響でギックリ腰になっている場合は
鍼灸治療ですぐ治ることが多いです

  • お酒、お薬、食品添加物など
    肝臓の解毒作用を使い過ぎた
  • 徹夜、肉体労働、筋トレ、など体の筋肉の使い過ぎ
  • スマホなど目の使い過ぎ

などで肝臓の腰痛がおこります

背中から来るものは脾臓

背中から来るものは脾臓の影響があります

脾臓は

  • 栄養のかたよりによる消化不良
  • 悩みやストレスによる思慮の消化不良

などです

イメージしにくいかもしれませんが
消化不良が原因で背中が固まっています

これは女性に多いかもしれません

炭水化物が多すぎる
ストレスが多すぎる

などで背中が固まって腰痛がおこります

左側に多い、股関節もつらい、などが特徴です

ギックリ腰の保険治療について

ギックリ腰には整骨院の保険がききます

鍼灸院でも先生によっては
整骨院の保険資格を持っている方もいらっしゃいます
その時には鍼灸院の先生の判断で保険がききます

鍼灸院で整骨院の資格を持っていない先生の場合
医師による同意書が必要です

まとめ

いかがでしたか?

ギックリ腰の予防など、ご参考になれば嬉しいです

  • 急性の腰痛なら、2,3回の治療で「10」の痛みのうち「3~5」ぐらいは取れる
  • 慢性になってしまったら、予防法が重要
  1. 腰全体から来るものは腎臓、精力の使い過ぎ
  2. 深部の硬い部分から来るものは肝臓、解毒作用、肉体疲労、目の使い過ぎ
  3. 背中から来るものは脾臓で消化不良、炭水化物が過多、ストレス過多

関連リンク

腰痛の治療
腰が痛くて病院に行っても湿布と痛み止めをもらって様子をみるだけ治療はなし、ということも多いです現代医学では9割の腰痛が...
腰痛と中国古典医学
腰痛の原因を東洋医学の原典である中国古典医学ではどう見ているのかを少しだけ抜粋致しましたわからない言葉は用語集を参考...