小児鍼について(夜泣き、かんの虫、中耳炎、ちくのうなど)

a_ilst013
小児鍼とは、0歳児から10歳くらいまでのお子様に対する
ささないはり治療です

関西地方では有名で、何代も続く小児はりの鍼灸院もあるくらいです

札幌では、子供にはり治療?本当に?痛くないの?
という方がほとんどだと思います

徳田漢方はり院の小児鍼のやりかたですが
髪の毛ほどの細いはりを軽く皮膚に接触するだけです
痛みはありません

現代では、心身ともにバランスを崩しているお子様が多く見受けられます

ストレスが多かったり、冷たいものの飲みすぎ、お菓子の食べすぎなどがあると
免疫力が弱って来ます

小児鍼で免疫をつけると
かんの虫、夜泣き、中耳炎、風邪をひきやすい、小児ぜんそくなど
病院では治療が難しい症状にも効果があります

hitujigaoka

これまでは病院と縁が切れない子だったのが
薬に頼らず、自分自身で
治していけるようにしていくのが
小児はりをする目的です

具体的な症状としては

疳の虫、夜泣き、キーキー声、よく泣く

鼻炎、蓄膿症、中耳炎、
扁桃炎、小児喘息(ぜんそく)

アレルギー体質、アトピー性皮膚炎、湿疹

いつも緊張している、不眠(ぐっすり眠らない)

吃音(どもり)、チック、夜尿症(おもらし)

食欲不振、少食、すぐ風邪を引く

子供の肩こり、腰痛

ひきつけ
自閉症(軽度なもの)
発達障害(軽度なもの)

などが小児鍼の適応です

子供は気のめぐりがとても速いです
そのため、小児鍼の治療時間は3、4分程度と、とても短くなります

初回は親御さんへの問診等のお時間もありますので
15分~20分ぐらいお時間を頂いています

ご了承下さい

料金:一回1000円

小児はりと食生活の改善

お子様が本来持っている免疫力は大変優れたものです

本来持っているものを活用できるようになるのが小児はりですが
小児はりだけでは足りないと思います

食生活の改善をしていただくとよいと思います

  • 砂糖をへらす
  • 悪い油をへらす

などです

ふくろに入ったお菓子には両方が入っています

まずはおかしを減らす努力をなさるとよいと思います

今日からでも出来ることですので
ぜひお試しください

関連リンク

息子のカゼに小児はりを その1

東洋医学コラム生活編

妊婦さんやこどものはなし