http://toyo-igaku.info/tokuda-hari/ねぎと風邪の予防/

http://toyo-igaku.info/tokuda-hari/野菜の旬はいつか?/

上のリンクを見ていただければ詳しく分かりますが
長ネギがカゼや呼吸器に良い薬効があることについては
しつこいぐらい書いて来ましたw

もう少し書いて見たいと思います(笑)

長ネギに薬効のある時期は9月末〜12月まで

長ネギを薬味というのを聞いたことはありますでしょうか?

薬味とはネギ、ショウガ、大根おろしなどをいいますが
その薬効が多い時期、少ない時期があります

これは現代のみです

昔は時期を外すと野菜は採れませんでしたから
旬を考えて食べなくてはいけないのは
現代だからです

長ネギに薬効があるのは
9月末〜12月まででしょう

その時期にずーと食べてると
年末ごろからだんだん味が落ちてくるのが分かります

年が明けるとすぐネギを煮ても硬くなって
シャリシャリになりますw

昔の医学書に長ネギは肺臓に効くと書いてある

黄帝内経という2000年読まれて来た本があります

歴代、いろんな本が書かれましたが
ずーっと残って来た医学書は
黄帝内経、難経、傷寒論

この三冊が有名です

東洋医学はずーっと読まれて来た
この三冊のどれかを元に治療していますが
その黄帝内経に「五菜」という五つの野菜について書かれています

五菜→韮 薤 葵 葱 藿

ひらがなだと

五菜→ニラ らっきょう あおい ねぎ まめのは

五行→春 夏 土用 秋 冬
ですから
ネギは秋です

五臓で言うと
五臓→肝臓 心臓 脾臓 肺臓 腎臓
ですのでネギは肺臓に効くことになります

参考
http://toyo-igaku.info/blog/五行の色体表/

風邪を引きやすい、皮膚が弱い、鼻が詰まりやすい、ノドが弱い、など心当たりの方はネギをせっせと食べましょう

どんな人が食べると良いか?

答えは「肺臓が弱くてでる症状を持っている人」です

人間は五臓六腑の能力に差があります
才能ともいいます
抵抗力ともいいます

能力差が生まれる理由は
先天的に持って生まれた能力に
後天的にどれだけ補ったか?で差が出ます

今、肺臓が弱い人はネギを食べると後天的に足したことになります

  • 風邪を引きやすい
  • 皮膚が弱い
  • 鼻が詰まりやすい
  • ノドが弱い

などに心当たりのある方は
呼吸がうまくいっていない可能性がありますので
ぜひ後天的に補っていかれることをオススメします

一日一本食べれば、劇的に変わる

どのくらい食べれば良いの?
と言うご質問をよくいただきます

肺臓が弱い方には
「一日一本食べてください!」
とお伝えします

最初はなかなか難しいと思いますが
食べ方はなんでもよ言うと思いますので
少しずつ食べる量を増やしていただければ良いと思います

まとめ

  1. 9月末〜12月までは長ネギをオススメします
  2. 昔の有力な医学書にも書いてあります
  3. 風邪を引きやすい、皮膚が弱い、鼻が詰まりやすい、ノドが弱い人にオススメです
  4. 一日一本、少しずつ増やせれば良いと思います

関連リンク

旬の野菜について
ハウス栽培などにより今では一年中どんな野菜でも手に入ります旬の時期の野菜にはその時期に人間が必要とする栄養が入ってい...