鍼灸治療の流派の選び方
鍼灸治療といってもたくさんの種類や流派があってわかりにくいと思いますまず、現代のはり治療と古典のはり治療に分けるとわ...

以前書きました「鍼灸流派の選び方」は
鍼灸の治療内容がバラバラであるので
その選び方を書きました

今度は鍼灸に限らず
治療院を見た感じやホームページなどの情報だけで
選ぶ方法を書きます

鍼灸整骨院は保険治療、日本の保険は安かろう普通だろう

看板に「鍼灸整骨院」とある場合は
ほとんど保険治療をしています

日本の保険制度ですが
整骨院、鍼灸院、歯科医は極端に少ない保険点数です

ですから「安かろう悪かろう」になりがちで
治療家の努力によってなんとか
「安かろう、普通だろう」
ぐらいに抑えられています

院名から無資格と、有資格を分ける

はり、きゅう、整骨、接骨、ほねつぎ、整復
鍼灸、針灸
などの名前があると国家資格を持っている先生が必ずいます

国家資格を持っている治療院は
国からその資格に応じた名前をつけることを許されています

それ以外の名前は無資格の可能性が非常に高いです

整体、均整、カイロ、オステオパシー、

これらの名前を掲げる治療院はたいてい無資格です

たまに「鍼灸整体院」など
国家資格を持っている整体院もあります

国家資格を持ちながら
これらの治療技術に精通している方も少数ながらいらっしゃいます

ですが、大半は無資格です

値段の高い、低いで腕は決まらない

これは私の経験上の話ですが
私の治療仲間でも「上手いから高い、下手だから安い」
という相関関係はありません

値段は立地、治療時間、スタッフの数など
治療にかかるコストで決まってきます

ほかの患者さんは多い方がよい

治療院はある程度患者さんで賑わっていた方がよいと思います

ただ、治療院によっては
他の患者さんと顔を合わせない
完全プライバシー主義のところもあります

そういう風に書いていなくても
できるだけご予約時間を
前の患者さんと離す治療院もあると思います

私の治療院でいうと
混雑しそうな時間帯や曜日には
時間通り来ていただける前提でご予約をお取りします

そうすると、遅刻などがありますと
少し混乱します

それが嫌な治療院は
余裕を持ってご予約をお取りすると思います
そうなると、予約が取りにくくなるということになるかもしれませんね

以上、外から簡単に見えることで
治療院の中身を推測する技術を書きました

お役に立てれば幸いです

徳田漢方はり院        徳田和則