ここが痛い時は

  • あっためたほうがいいですか?
  • 冷やしたほうがいいですか?

この質問はよくいただきます
判断するのはコツさえつかめば簡単だと思います

atatame

痛いところをさわって反対側と比較してみましょう

その部分をさわって反対側と比べてください

比較して明らかに熱をもってる時は冷やしてください
この時は、お風呂などで温めると逆効果です

自分で触って見て解らない場合は
冷やしたり温めなくて大丈夫だと思います

微熱程度の時や熱を持っていない時は
なにもしないのがよいと思います

自分で何かをしたいと思うほど痛い時は
熱をもっていなくてもどこかに炎症があります

温めると炎症が悪化してしまい
長い目で見ると治療が長引きます

専門家に見てもらったほうが良いのですが
大体の目安をお伝えします

急性の場合

急性的なものは
炎症を抑えると治りが早いので
冷やした方がいいです

慢性の場合

慢性的なものは
血流を良くするために温めたいところですが
なにもしないほうがよいと思います

さわって温度差を感じない時でも
関節の中心部で炎症が起きていることがあります

炎症ですから温めたら悪化してしまいます

わからない時は専門家に聞くのが無難ですね

シップは温湿布?冷湿布?

シップの話もよくご質問をお受けします

同じ考え方でよいと思います

急性期以外は何もしない
つまりシップを貼らないほうが治りが早いと思います

関連リンク

東洋医学コラム-治療編   東洋医学コラム-生活編

痛いはり、痛くないはり  体質改善について