前回の記事で
すぐ治る方と時間がかかってしまう方の違いは
もともとある自然治癒力の違いだと書きました

まだお読みで無い方はこちら

札幌駅前の鍼灸院 腰痛、肩こり、頭痛、背中、自律神経の治療

今回は自分が自然治癒力を持っているかどうか?
がテーマです

結論から申しますと

  1. 背骨が整っているか?
  2. 筋肉に弾力があるかどうか?

で自然治癒力の量がわかります

背骨が整っていれば、先天がしっかりしている

疲れてきたり、五臓六腑の使い方にかたよりがあると
背骨の並び方が
ガタガタと不規則に乱れてきます

背骨は、両親からもらった
先天的な才能がすべて入っていると
東洋医学では考えます

人間のもとはおたまじゃくしと卵子が結びついたものです

先天的な治癒力はここに保存されています

先天的なものは後天的なものに
支えてもらって活動しています

後天的なものは食べ物と呼吸です
後天的なものは筋肉に保存されています

筋肉の弾力があると
後天的な治癒力が沢山あると言えます

筋肉に弾力があれば、後天がしっかりしている

後天的なものは筋肉に貯えられます

後天的なものが余ると
先天に貯蔵されます

ちょうど貯金と現金の関係に似ています

後天は食べ物と呼吸から作られて現金収入です

現金収入から活動で減った支出を引くと
余った部分が貯金になります

貯金は先天の背骨に貯えられます

背骨が乱れてくると貯金が減ったので
治癒力の引き出しが無いということになります

そうなると鍼灸で調節するだけでは難しく
貯金を作るところから始めないといけませんので
治療に時間がかかります

食事と呼吸が大切ですね