niku

​なぜお肉、お魚なのか?

治療のあとは胃腸が整い
栄養が吸収されやすい状態になります

ここで適切な食事をしていただきますと
治療の効果が倍増します

身体の構成物質であるタンパク質を摂って
カラダを新しいモノにしていくと
ご自身が本来持っている健康な体に戻れます

タンパク質の豊富な
お肉かお魚を食べると良いと思います

魚には東洋医学的な旬はない

意外ですよね

一般的に言われているお魚の旬の意味ですが
脂が乗っていて旨い時期という意味だと思います

今回は、お肉の方には旬の季節があるという事です

さて、お肉を五行学説で分けると

木火土金水

春夏土用秋冬

鶏羊牛馬豚
[br num=”1″]
五行ではこの様な対応になります

『けいようぎゅうばとん』と読みます

それぞれのご説明

木(春)→鶏肉

春に食べると筋、腱を養います

ただ、鶏肉については安く売るために
不健康に育てられた鳥がかなり流通しています

鳥インフルエンザの時期になりますと
抗生物質大量の鶏肉が出回っている可能性が高いです

安いものは避けた方が良いと思います
[br num=”1″]
火→羊

ジンギスカンですが東洋医学でも夏が旬です
夏に食べるジンギスカンは最高ですよね

玉ねぎも旬の時期ですのでダブルで美味しいです

秋冬は旬でなくなる上に玉ねぎもマズイですから
氣をつけた方が良いかもしれません
[br num=”1″]
土(土用、長夏)→牛肉

牛肉は胃にいいです

現代人は糖分過多な食生活の方が多く
糖質過多ですと胃が悪くなりやすいです

そうすると胃が肉類を受け付けません

肉を受け付けなくなった方は
牛肉から食べていくのも良いと思います
[br num=”1″]
金(秋)→馬

昔からカゼをひいたら馬刺しを食べろ
といったそうです

これはそのままですね

馬の肉をたべて秋の氣を育てれば
カゼに強くなるということでしょう
[br num=”1″]
水(冬)→豚

豚肉は東洋医学的には精を養います
精は一年中必要ですので
冬だけでなく、通年食べて頂けると良いと思います

豚肉は夏に少し匂いますし
旬から外れてますので気になりますが
それでも食べて頂いて問題ないと私は思います
[br num=”1″]

まとめとして、陰陽でわけたらどうなる?

五行で分けたら以上のようになりますが
実際に食べる時は陰陽でわけて頂けたらと思います

春夏は陽で
秋冬は陰です

逆のものは少なくするのが良いです
豚のところで言いましたが

豚が養う精は一年中必要ですので

春夏は鶏、羊、豚
秋冬は馬、豚

が良いと思うのです

ご参考になれば幸いです

関連リンク

ねぎと風邪の予防

しょうがと東洋医学

大根と東洋医学