niku

東洋医学には「木火土金水」の五行学説があります
木火土金水は春夏秋冬の季節に応じています

お肉にも木火土金水の性質があるのは
ほとんど知られていないと思います

例えば鶏肉は「木」です
木は春ですので、鶏肉は春に食べるととてもよいことです

もう少しくわしく書きます

魚には東洋医学的な旬はない

さて、一般的にはお魚に旬があるといわれていますが
東洋医学的にはお魚には旬がありません

もちろん旬の時期のお魚は脂が乗っていて
とてもおいしいのですが
木火土金水の性質は持っていません

木火土金水を持っていると
おもしろい食べ方ができます

例えば、鶏肉は「木」なので、春食べると良いと書きましたが
木火土金水の「木」は他にも
肝臓、目、筋腱、爪などなども「木」の性質を持ちます

鶏肉を食べる肝臓、目、筋腱などにとってもよい
ということになります

さて本題、お肉を五行学説で分けると

木火土金水

春夏土用秋冬

鶏羊牛馬豚

鶏→木、春
羊→火、夏
牛→土、土用(うなぎを食べる土用など、くわしくはコチラ
馬→金、秋
豚→冬

五行ではこの様な対応になります

五行の対応については、表にまとめてあります
くわしくはコチラ

東洋医学には五行という考え方があります五行はいろいろなものを木火土金水に分けます例えば食べ物の味を五行で分けると木火土金水→酸苦甘辛鹹になりますこの分け方を「五味」といいますいろいろなものを五行で分けることができます五行の一覧を色体表といいます五行の見本のようなものですこの見本を使って知りたいところのモノは木火土金水の何に当たるのか?を調べますさっそく下の表で木火土金水を調べてみてください五行の色体表です五行木火土金水五種の氣五運春夏長夏秋冬五行の運行発展生長化収蔵五種の本能気候風熱湿燥寒天地...

それぞれのお肉の特徴について、くわしく書きます

春(木)→鶏肉

春に食べると筋、腱を養います
筋肉の硬いところや靭帯がやわらかくなります

ただ、鶏肉については安く売るために
コストダウンされて
不健康に育てられた鳥がかなり流通しています

また、鳥インフルエンザの時期になりますと
抗生物質大量の鶏肉が出回っている可能性が高いです

安く品質の悪いものは肝臓の解毒作用が必要で
かえって筋肉の硬いところや靭帯が硬くなり
寝違えやすじちがえの症状を起こしてしまいます

少しでも高めの鶏肉をオススメします

夏(火)→羊肉 ラム、ジンギスカン

ラムやジンギスカンですが東洋医学では夏が旬です

北海道で夏に食べるジンギスカンは最高です!

ジンギスカンといっしょにいただく玉ねぎも
春夏が旬の時期ですのでダブルで美味しいですね

夏の五行の味は苦味です

木火土金水
酸苦甘辛鹹

ですのでジンギスカンにビールはもっと最高ですね

土用→牛肉

牛肉は胃にいいです

現代人は糖分過多な食生活の方が多く
糖質過多ですと胃が悪くなりやすいです

そうすると胃が肉類を受け付けません

肉があまり食べれなくなってしまった方は
牛肉から召し上がっていただくのがオススメです

秋(金)→馬肉

昔は、カゼをひいたら馬刺しを食べろ
といったそうです

秋は風邪を引きはじめる時期です
最初の風邪をしっかり治さないうちに
重ねて風邪を引くのは慢性病の大きな原因です

大病になりかねませんので注意が必要です

馬の肉をたべて秋の氣を育てれば
カゼに強くなるということでしょう

ですが、熊本以外で馬肉は手に入りにくいです

風邪を引きやすい方には「長ネギ」をおすすめしています

https://toyo-igaku.info/tokuda-hari/ねぎと風邪の予防/https://toyo-igaku.info/tokuda-hari/野菜の旬はいつか?/上のリンクを見ていただければ詳しく分かりますが長ネギがカゼや呼吸器に良い薬効があることについてはしつこいぐらい書いて来ましたwもう少し書いて見たいと思います(笑)長ネギに薬効のある時期は9月末〜12月まで長ネギを薬味というのを聞いたことはありますでしょうか?薬味とはネギ、ショウガ、大根おろしなどをいいますがその薬効が多い時期、少ない時期がありますこれは現代のみです昔は時期を外すと野菜は採れ...

冬(水)→豚肉

豚肉は東洋医学的には「精」を養います
精とは体力の貯金のことです

冬はあまり動かないで
カラダの中に体力の貯金をするのがよいです

貯金がいくらあるかで
病気になりやすいかどうかが決まります

そういう意味で、豚肉は冬だけでなく
年中食べていくことをオススメします

豚肉は夏に少し匂いますし
旬から外れてますので気になりますが
それでも食べて頂いて問題ないと思います

ちなみに、陰陽でわけたらどうなる?

お肉を五行で分けたら以上のようになります
陰陽でわけて食べていただいてもよいので
陰陽でのわけかたも書きます

  1. 春夏は陽で
  2. 秋冬は陰です

春夏→鳥、羊、牛
秋冬→馬、豚、牛

となりますが
豚のところでも言いましたが

豚が養う精は一年中必要ですので

春夏→鳥、羊、牛、豚
秋冬→馬、豚、牛、豚

がよいと思います

ご参考になれば幸いです

野菜の旬についてはコチラ

ねぎと風邪の予防

しょうがと東洋医学

大根と東洋医学

​追記、なぜお肉、お魚をオススメするのか?

治療のあとは胃腸が整い
栄養が吸収されやすい状態になります

ここで適切な食事をしていただきますと
治療の効果が倍増します

身体の構成物質であるタンパク質を摂って
カラダを新しいモノにしていくと
ご自身が本来持っている健康な体に戻れます

タンパク質の豊富な
お肉かお魚を食べると良いと思います