徳田漢方はり院が実践治療しています
古医書をもとにした鍼灸医学では
自然や人間のありさまを、陰陽五行説と二十四節気で分析しています

二十四節気という言葉ですが
あまり馴染みがないかと思います

二四節気とは何か??
二十四節気と東洋医学的季節の分とは?
などを書いてみたいと思います

二四節気とは

二十四節気は旧暦だと思われている方が多いですが
我々の使っている太陽暦と同じです
立春は毎年2月4日です

二十四節気の名称で皆さんもご存知なのは
立春や秋分、夏至や冬至などでしょうか?

一年の十二ヶ月を陰陽でわって二十四に分類します

今年の24節気は

下のようになります。
毎年だいたい同じか1日違いです

中国古医書医学では立春を基準に1年が始まります

最近は天気予報でも24節気を言うようになってきましたので
聞いたことのある言葉も有りますでしょうか?

2月4日   立春
2月19日  雨水
3月5日   啓蟄
3月20日  春分
4月4日   清明
4月20日  穀雨
5月5日   こどもの日…じゃなくて、立夏 (笑)
5月21日  小満
6月5日   芒種
6月21日  夏至
7月7日   七夕ではなく、小暑
7月22日  大暑
8月7日   立秋
8月23日  処暑
9月7日   白露
9月23日  秋分
10月8日  寒露
10月23日 霜降
11月7日  立秋
11月22日 小雪
12月7日  大雪
12月21日 冬至
1月6日   小寒
1月21日  大寒

二十四節気の成り立ち

二十四節気の成り立ちですが
約2500年前に中国で発生した
農業の為のこよみだと言われています

当時は旧暦を使っています

旧暦はだいたいが月の周期や日食、月食をもとに一年を決めますが
それでは太陽の周期とずれてしまいます

太陽の周期とずれると
動植物や人間の周期ともずれますので
農作業には使えません

そこで太陽の周期をもとにした二十四節気が作られたと言われています

鍼灸医学と二十四節気の関係について

私が師匠から受け継いだ鍼灸医学は
2000年前から名医によって受け継がれてきた
中国古医書による診断や治療を今の病気に運用するものです

その中国古医書医学では人間の脉や体調が
二十四節季ごとにどんどん変化していくとされています

二十四節気や季節に順応していくと
自然治癒力が旺盛になります

治療の方針や養生の仕方も
二十四節季ごとに変わります

同じ病気でも二十四節気ごとに
治療のツボが変わることも多いです

季節について

旬の野菜の所でも書きましたが
東洋医学でいう季節は現在の季節と少し違います

ハウス栽培などにより今では一年中どんな野菜でも手に入ります旬の時期の野菜にはその時期に人間が必要とする栄養が入っています野菜本来の時期が違うと含まれている栄養素や作用を身体が十分活かすことができません旬の時期を知る、簡単な方法は陰陽で2つに分ける一年を陰陽にわけます2つに分けるだけですから一番簡単です春夏と秋冬に野菜をわけます春分と秋分でわけますその時期に旬な食べ物を食べると健康的な毎日を送れます春夏の野菜春分から秋分までは春夏の野菜を食べます(3月20日頃~9月23日頃)春夏野菜の特徴ですが 地上に...

春   立春から立夏の前まで(2月4日~5月4日)
夏   立夏から立秋の前まで(5月5日~8月6日)
秋   立秋から立冬の前まで(8月7日~11月6日)
冬   立冬から立春の前まで(11月7日~2月3日)

皆さんの感覚とは少し違うかもしれません

身体を次の季節に対応させるための準備期間

例えば2月4日の立春ですがまだまだ寒いです
これから春を迎えるので少しずつ準備をしていきましょう
という意味です

古典の医学は天人合一説にもとづいています。
天人合一説とは天の動きと人間には関係があるという事です
自然界と人間とが調和すれば健康ということです

自然は二十四節気によって変わるので、それに追いつくためには
治療の方針やツボの選択、
食事の内容も二十四節気を基準に変えていくのが自然だと思います

関連リンク

旬の野菜について   春分は東洋医学では陽中の陽

東洋医学コラム生活編   東洋医学コラム治療編