同じ肩が痛いという症状でも
原因が違うと治療法も違います

  • 背中が痒いのにかけない
  • ズボンの後ろポケットに手がまわらない
  • 髪の毛が結べない
  • 寝返りうつと目が覚める

などに心当たりがありませんか?

その症状は四十肩、五十肩の可能性が高いです

原因、予防、治療、東洋医学的考えなどを
書いていきます
少しでもご参考になればと思います

四十肩・五十肩の特徴的症状

「肩が痛い」「腕が上がらない」
といった40~50代の人特有の病気です

四十肩・五十肩になると
腕をねじったり上げ下げすることができなくなります

そのため、シャツを着る、髪を結う、帯を結ぶ
などの動作がしづらくなります

とくに関節に石灰が沈着している場合
激しい痛みが起こります

肩やウデの胸側、前側を押すと強い痛みを感じるのが特徴です

五十肩の治療をすぐはじめたほうが良い理由

五十肩ですが、病院でレントゲンを撮ると
石灰沈着が見受けられます

症状が出始めて1ヶ月くらいまでですと
この石灰沈着がまだ固まっていません

固まっていない状態での治療は簡単です

五十肩になったけど2,3回で治った
という方はこのタイプの進行していない五十肩かもしれません

標準的な治療は
痛み止めや湿布などを使ったものです

これはその場限りの痛み止めです

痛みの原因は何も解決しないまま
固まってしまう可能性が高いです

慢性の五十肩では

一ヶ月以上経ってしまった人が
ほとんどだと思います

慢性の場合の対処法を書きます

温めた方が良いのか冷やした方が良いのか

何とかして痛みを抑えたくて
お風呂などで温めることも多いでしょう
温めると楽になることも多いと思います

ですが

温熱刺激 > 痛み刺激

温熱刺激で痛み刺激が
わからなくなっている場合のことがあります

温めすぎるとあとで炎症が強くなってしまいます

冷やしすのはもっと良くありません

炎症が起きたとき冷やすのは24時間程度です
それ以上は筋肉に良い影響はありません

冷刺激で痛みを感じなくなるだけです

動かした方が良い

動かせるときは動かしたほうが良いでしょう

痛くない方向に
動かして気持ちの良い方向に動かすと良いでしょう

伸びてないと感じる方向に
無理やり動かすのは良くないと思います

五十肩の原因は生活習慣

五十肩は片側が治ってもしばらくすると
もう片方もなってしまうことがある疾患です

これは五十肩が生活習慣の病気である証拠です

五十肩は自然に治るのですが
治癒までに時間が掛かります

長い人ですと、1年近くかかることもあります

鍼灸治療がお手伝いできること

東洋医学でも治るのに少し時間がかかります

津液(水)の滞留がある場合が多いからです

気血水の病の中で
水の病が一番治りが遅いです

津液の流れの改善は
鍼と食生活との両方を改善をしないと
なかなか難しいです

五十肩の東洋医学的治療

経絡の調節

三焦経の調整をします

三焦は水分や体力とも関係していますので
そのあたりの治療もおこないます

呼吸と飲食の調整

呼吸が深くなると胸周りが楽になります

胃腸の調子がととのって
栄養が吸収できるようになると

水分の停滞も良くなります

早く治るためにした方が良いこと

東洋的に言えば経絡と津液の停滞

気血水のうち、水の病は

  1. 気血が正常になる
  2. 気血が水を動かせるようになる

という2段階を踏むので治りが遅いです

少し動かせるようになってきたら
痛くない範囲で自分で動かしていただくと良いです

流れを阻害する炭水化物は控えたほうが良いでしょう