自賠責保険による鍼灸治療を希望される方

徳田漢方はり院では
交通事故による自賠責保険(交通事故保険)での鍼灸治療の場合
自己負担なく(0円での)治療を受けて頂けます

鍼灸治療開始の前に

保険適用までの流れ

1、患者様ご本人から相手の保険会社の担当者に
  「徳田漢方はり院で鍼灸治療を受けたい」とお伝えください

2,相手の保険会社の担当者より徳田漢方はり院へ連絡があります
  こちらで詳細事実の確認がとれましたら
  患者様の治療費用の負担なしで(0円で)
  治療を開始させていただけます

※損害保険会社の担当者によっては
「鍼灸治療は認められない」と言われる場合がありますが
治療手段を選択する権利は、交通事故の被害者側にあります

権利についてはリンクをご参考ください

財団法人日弁連交通事故相談センター(http://www.n-tacc.or.jp

財団法人交通事故紛争処理センター(http://www.jcstad.or.jp/

社団法人日本損害保険協会ホームページ(http://www.sonpo.or.jp/

※整形外科・病院での通院治療と併行して
  鍼灸治療を受ける事も可能です

もう一度、詳しい流れのご説明

1、不運にも交通事故に遭われた場合

  安全が確保された状態で
  当事者(双方)の氏名や連絡先などを確認したら
  警察に人身事故として連絡します

2、病院で医師の診察を受ける

  ケガの有無関係なく病院の診察を受けましょう
  鍼灸治療が必要な場合には「鍼灸院名」を伝え
  診断書を病院に請求してください

  その場で痛みがなかったが、数日後に痛みが出て来た場合は
  物損事故から人身事故へ切り替えると治療できます

  数日後に痛みが出てきた場合は再受診して頂いて
  病院に診断書を請求してください

3、相手保険会社の担当者への連絡

  患者様から相手保険会社の担当者へ
  鍼灸治療を受けたい旨をご連絡ください
  その後、徳田漢方はり院へもご連絡ください

  まれに、相手保険担当者が
  「鍼灸は認められない」と言われる場合がありますが
  交通事故被害者には医療機関を選択する権利があります
  国家資格者である、鍼灸師の治療
  自賠責保険での治療が認められています

  保険会社にこのような事を言われた時は

  ご質問などございましたらメールやお電話でご相談下さい。

  メール  mail@tokuda-hari.com
  お電話  011-747-4700

関連リンク

徳田漢方はり院では交通事故による自賠責保険で鍼灸治療をご希望の時自己負担なく0円で治療する事ができます自賠責保険を使...