sanpo3

よい歩き方については
いろいろな情報があって
どれが本物か迷ってしまいます

一般にかかとから着地して歩きなさい
というのが定説になっていますが
かかとで歩くのは東洋医学で考えるとスタミナを消耗します

(くわしくはコチラに書きました、ご参考ください)

かかとではなく、足のおやゆびを上手く使って歩きたいのですが
歩き方というのは、長年のクセがしみついていて
簡単には変えれません

  1. まずよい立ち方をマスターして
  2. 体の重心、姿勢などの感覚をマスターして
  3. 姿勢良く、カッコよく歩く方法つかむ

の順番で書いてみたいと思います

まず、足全体で立ってみるとコツを体感できるかも


(画像はネット上からお借りしました)

立ち方その1

気を付けの姿勢から半歩前へ出て
足の裏の全部を使って立ってみてください

上の写真の女性のように立ちますと
臍下丹田(おへその下)に重心が来ます

下の写真の左側のようになります


(画像はネット上からお借りしました)

立ち方その2

次にかかとで立ってみてください
みぞおちに重心がきます

お尻が落ちて
骨盤が後ろにかたむきます

上の写真の真ん中のようになると思います

足の親指を大切にして立つと臍下丹田に重心が来ます
私が鍼灸治療をするときもこの姿勢です

立ち方のコツは、ヒジの位置を真横にすること

上の女性の写真のように
片足を半歩前に出して足裏全体で立つとき
姿勢をよくするコツはヒジの位置を正しくすることです

ヒジが体の真横から気持ち後ろにあると
自然に胸がひらいて、骨盤も正しい位置になります

逆にかかとで立つと
膝を伸ばすのが苦痛になり
腰が下へ落ちます

重心がみぞおちから胸のあたりにずれてきてしまいます

上のイラストの真ん中のようになってしまいます
背中が丸くなって、腰が落ちます

まず立ち方を覚えて
よい重心の位置とよい姿勢を感じると
自分の歩き方がよいのかどうかわかると思います

腰が落ちて膝を曲げたまま歩いている人

もう少しだけ、悪い歩き方の典型をお伝えします

すすきのなどでよく見かけるのですが
高いヒールを履きこなせずに
腰が落ちて膝を曲げたまま歩いていらっしゃるかたです

ph1
(画像はネット上からお借りしました)

むかしのヤンキードラマなどでも
ポケットに手を突っ込んで
かかとをズルズルしながら歩いている人が映っています

膝が曲がったまま背中を丸めて歩いています

練習はかかとの無い靴でする

足の指を使って歩きたくても
普通に売っている靴では難しいかもしれません

普通に売っている靴は
かかとから着地してスムーズに体重移行できるように
設計されているのかもしれません

つま先が固かったりつま先の幅を狭くなっていたりする靴は
デザイン優先ですので、練習しにくいと思います

東洋医学で歩き方を考える

ウオーキングのやり方も
かかとから着地するよう指導することが多いようです

一番自然に歩けますが
東洋医学的にみますと
腰痛や膝痛を起こしやすい歩き方だと思います

腰が落ちて、膝の裏側が痛くなって
足首が固まりやすいです

かかとには「体力の貯金」がつまっている、浪費してはいけない

ここからは東洋医学のお話ですので
少し難しいです

かかとは東洋医学の経絡でいうと腎経です
先天の精がつまっているところです

かかとで歩けばその人の先天的能力を消耗してしまいます

また、先天的な能力である精がこわれると
外からの邪気にやぶれやすくなります
ストレス、ウイルスなどに弱くなり
病気になりやすくなります

足の親指は積極的に使ってよい場所

それに対して足の親指を通る経絡は
脾臓と肝臓です

脾臓は栄養を作る臓器で
肝臓は栄養を使ってカラダを動かす臓器です

腎臓は両親からもらった先天です

栄養は後天的に補るものです

先天的なものを消耗すると
その人のあらゆる能力が低下します

東洋医学では後天的な足の親指より
先天的なかかとを守りたいです

私が治療のとき、気をつけていること

私は鍼灸治療のときには
スリッパなどの履物ははきません

本当は、はだしで治療したいのですが
服装が白衣ですので
裸足ではおかしいカッコウですw

わたしは靴下の代わりに
足袋(たび)で治療しています

通勤はベアフットシューズという
裸足感覚で歩ける靴を履いています

わたしの歩き方もまだまだで
動画でお伝えできませんが
かかとだけを使わないで足全体で立って
臍下丹田に重心を置く歩き方を日々研究しています

関連リンク

散歩についてや運動について書いたものを
リンクしておきます
よかったら、のぞいてみてくださいm(._.)m

健康のためには、どんな運動がオススメですか?というご質問をよくいただきます「散歩」をおすすめしています歩くことは全身...
治ってもすぐ再発するという悩みはよくお聞きますお仕事でPCをよく使われる方の肩こりなどは普段のケアが大切ですケアとして...